個人が銀行で借りやすくなっている訳は?

個人が銀行で借りやすくなっている訳は?

個人が銀行でお金を借りやすくなっている、とよく言われていますね。確かにカードローンなどの利用者は増加していますし、審査が銀行で取り扱っている他のローンと比べると、時間も短く申し込みやすい特徴も備えています。

 

しかし、どうして借りやすい状況となっているのでしょうか?

 

これは、銀行がこれまでの企業などを中心に行ってきた貸付を、個人を対象に広げたという部分があります。

 

貸金業法の改正によって起きた変化

貸金業法の改正によって、専業主婦など本人収入がない方は、消費者金融でお金を借りることができなくなってしまいました。

 

かといって、「では借りなくてもいいか。」というわけにはいきませんよね。借り入れできる先がどうしても必要になるわけです。

 

ここで、貸金業法の規制を受けない銀行が申し込み先となったのです。

 

貸金業法の改正にあたって、大きな改正であることから段階的に進められました。もちろん、借り入れできなくなる方たちの為の対応を、政府としても銀行に積極的に求めた部分もあります。

 

銀行は個人への貸付は取扱いたい商品ではありましたが、審査体系が整っていませんでした。一方の消費者金融は、審査体系は整っているのに、貸すことができない状態となってしまったわけです。

 

ここで銀行がカードローンを発行し、消費者金融がその審査ノウハウを生かして、保証会社を務めるという体制が整ったのです。

 

お金を借りやすい銀行となった

銀行としては扱いたかった個人への貸付を積極的に行えることになりました。消費者金融としては、保証会社を務めるにあたって積極的に銀行との提携を進めたのです。

 

銀行グループへと参入することで、消費者金融はこれまでになかった、信頼度をアップさせることに成功したのです。

 

もちろん、利用者にとっても金利が低く使いやすいカードローンを、消費者金融と変わらない審査スピードで借りられるようになったということは大きなメリットがあります。

 

総量規制と呼ばれる年収の3分の1を超えて借り入れできないという法律も、銀行カードローンはその対象外です。

 

借りられる金融機関へ、自分が必要な金額を申し込む、というシンプルな状況が生み出されたことによって、利用者は自分にとって本当にお得なローンを選ぶことができる状況になっていると言えるでしょう。

 

自分が使いやすいカードローンを見つける範囲が広がっているわけです。

 

銀行でお金を借りる|最短即日審査で借りれる方法