どうして銀行で借りると金利が低いのか

どうして銀行で借りると金利が低いのか

銀行での借り入れは金利が低いものが多いことは分かっていますが、なぜ低い金利が可能になっているのでしょうか?

 

個人の借り入れ方法として積極的に利用する方が増えているのがカードローンです。そのカードローンと同じように利用できる消費者金融のキャッシングでは、以前に比べると確実に金利は低くなっていますが、それよりもまだ銀行カードローンのほうが低いことが多いですね。

 

これは預金口座を開設できるかどうかの違いが大きいのです。

 

銀行ではお金を貸すというローン商品なども扱っていますが、もちろん口座を開設することで利用者のお金を預かるということもしています。証券口座なども併せて総合的なお金の取り扱いをしていると言えるでしょう。

 

しかし、消費者金融では口座開設は一切行っていません。

 

消費者金融では、個人への貸付だけではなく事業用ローンや目的ローン、おまとめや借り換えローンなど多彩な商品が取り扱われていますが、貸付のみが事業内容なのです。

 

一社だけ、アコムはクレジットカードを発行できますが、それ以外の消費者金融ではお金を貸すことで営業しています。

 

ということは、貸し付けるお金を預金などで準備することができませんから、銀行から借りるということを消費者金融が行っていることになります。

 

消費者金融が借り入れしているということは、そこで利息が発生することになります。さらに加えて消費者金融としての利益も必要です。

 

そこから、消費者金融の金利は銀行カードローンに比較すると高めとなっていると言えるでしょう。

 

金利の低さは信用度の高さとなります。信用度が高いということは、確実に返済できる人物とみなされるということになります。

 

毎月の安定した収入が重要ですが、過去に遡って延滞していないということも重視される点となります。

 

低い金利で借り入れしたければ、信用度を高めることがとても重要な点となるでしょう。

 

銀行でお金を借りる|最短即日審査で借りれる方法