オリックス銀行カードローンでお金を借りる4つのメリット

オリックス銀行カードローン

オリックス銀行はインターネット専業銀行です。
銀行カードローンの中では金利が高いと避けられがちですが、それは銀行カードローンの比較ポイントを知らないからでしょう。

 

最短即日

 

24時間振り込みキャッシングができる
振込先金融機関 曜日 受付時間 振込時間
ジャパンネット銀行宛 平日 0:10~23:50

即時
条件:①契約後(カード発行後)
   ②登録口座、または振込専用口座にジャパンネット銀行を登録いただければ利用可能

土・日・祝日
その他銀行宛 平日 0:10~8:40 即日9:00~10:00
8:40~15:00 即日
15:00~23:50 翌営業日9:00~10:00
土・日・祝日 0:10~23:50 翌営業日9:00~10:00

 

振込融資を受ける口座を登録する際に「登録口座」と「振込専用口座」の2つを設定できます。

 

登録口座

申し込み時に必ず登録。
借入時に融資金を振り込まれる口座、毎月の返済金の返済口座(返済方法が口座引落の場合)となります。

振込専用口座

「登録口座」とは別に、融資金を受け取る専用口座。
任意登録であり、「振込専用口座」からの口座引落はできません。

 

使いこなしポイント

両方の口座を登録することで用途に分けた使い方ができます。
ジャパンネット銀行はほぼ24時間対応となっておりぜひ登録しておきたい口座です。

 

提携ATM利用手数料が無料

利用可能な提携ATMは全国に100,000台以上あります。(2019年3月現在)
それら提携ATMがすべて利用手数料無料です。
もちろん時間外手数料も加算されることもなく借り入れにも返済にも余計なコストをかけません。

 

都市銀行・地方銀行

三菱UFJ銀行
三井住友銀行
西日本シティ銀行
ゆうちょ銀行

ゆうちょ銀行 ゆうちょ銀行
コンビニ・スーパー

セブン銀行ATM
コンビニ提携ATM E-net
ローソンATM
イオン銀行

 

重要になるのは「手数料無料」と同時に、「便利な提携ATM」なのかということです。
どれほどの提携ATMがあっても不便な場所にあっては使いこなすことはできません。

 

使いこなしポイント

利息以外に不要な費用をかけないことが賢いキャッシングに欠かすことができないポイントです。
返済に手数料がかからないことで、コンビニなどに立ち寄った際に少しでも返済を進めていくことが億劫ではなくなります。

 

返済額が少な過ぎず、負担もなく

返済額が高すぎると「早い完済」は見込めるものの「毎月に負担」がかかります。
逆に返済額が低すぎると「毎月の負担は軽減」されるものの、「返済が長期化し支払う利息が増」えていきます。

 

10万円以下 3,000円
10万円超30万円以下 6,000円
30万円超50万円以下 9,000円
50万円超100万円以下 15,000円
100万円超150万円以下 20,000円
150万円超200万円以下 25,000円
200万円超250万円以下 30,000円
250万円超300万円以下 35,000円
300万円超400万円以下 40,000円
400万円超500万円以下 50,000円
500万円超600万円以下 60,000円
600万円超 70,000円

 

使いこなしポイント

毎月の返済額は高額ではありませんが、少なくもありません。
適切な返済額が出来上がっているといえるでしょう。
ただし随時返済も手数料無料で行えるため余裕があるときには積極的に返済をすることも必要です。

 

来店不要

インターネット専業銀行であるために、店舗がありません。
申し込みや借入、返済など、一度も来店することがありません。
「カードローン申し込みを誰かに見られる」心配がないばかりか、手間もかからないメリットがあります。

 

STEP1 申し込みフォームに入力
STEP2

受付メールの受信
Eメールアドレスで受信確認をすると審査結果はメール連絡になります。

STEP3 審査開始
STEP4

本人確認・在籍確認
本人と勤務先へ確認の電話があります。

STEP5 ローンカード郵送
STEP6

必要書類の提出
Eメールアドレスに必要書類アップロードURLが届きます。

STEP7

利用開始
最終審査と必要書類の確認が完了次第利用開始

 

使いこなしポイント

申し込み受付完了から2~3営業日で審査結果がわかります。
審査結果が完了してから本人確認と在籍確認が完了次第簡易書留で郵送されます。
つまり申し込みから利用開始までには日数がかかるために余裕を持って申し込みをしましょう。

 

最短即日